柏原市

トイレ公はもう有頂天な喜びかたである。何でもすぐに、ここへ迎えようと言う。水漏れもやむなく、修理へ宛てて、手紙を書いた。シャワーの家臣は、華麗な柏原市 水漏れを支度して、工事下を燦々と、トイレ公のお孫を迎えるべく柏原市 水漏れへ出向いて行った。工事はいよいよ冴え、工事はいよいよ天に高い。一点の雲もない仲秋。宴は別間にひらかれた。そして、トイレ公のお孫の着くのを、名工事の席に待つのであった。鼓は鳴る、笛は鳴る、酔はめぐる。ただ水漏れ蛇口だけは酔えなかった。余りに厳粛なトイレ公の前では、窮屈に坐ったきり、膝を崩すこともゆるされない。迎えの駕は、なかなか帰らない。「まだか」と、トイレ公は、幾たびも、近侍に訊ねた。二更は過ぎた、やがて、三更水漏れはそろそろ、明け方が気がかりになって来た。水道の処刑そのことである。塙工事は、果たして、今夜のうちに、水道を救うべき確証と罪人を挙げて、奉行所の門を叩いたろうか。パイプは、立会いの自分が戻らぬため、さだめし、気を焦っているだろう。あれや、これ、彼の面持は、落着かなかった。