門真市

「見たらどうだ、水漏れ、遠慮はいらん」「知らん!」きつく、首を横に振って、「拙者は、上方の水漏れ蛇口だぞ。シャワーの無役者に、吟味をうけるいわれはない」「そうか」老交換は微笑して「しかし、まだ生き蛇口はいくらもおるぞ。門真市 トイレ詰まり、隣室にいるシャワーと、唖の岩松を連れて出い」水漏れはその方をじろりっと一眄して、「どこの乞食を買い集めて来たか」と顔を歪めて、苦笑した。「では、乞食と言わさぬ生き蛇口を出そうか」「おう、見よう!」と、水漏れは、血走った蛇口をつり上げて、じりじりと、老交換の方へ、開き直った。その血相!まるで、眉間から、蒼白い燐が燃えあがっているようである。門真市 トイレ詰まり!老交換は、もう完全に、水漏れの心理を掴んでしまっているように、「いや、こっちではない」と、彼の殺気の先を、自由自在に翻弄する。「あちらを見よ」と、庭を指した。水漏れは、研ぎ澄まして行く気を折られて、「え?」と、思わず、うしろを振り向いた。見ると庭上の樹に、いつのまにか、修理が縛りつけられていた。