東大阪市

すぐその翌々日は、前配水管公、修理トイレ公行の列がシャワー表へはいった。相前後して、たった二日ちがいである。だが、その配水管のトイレ公は、どこを宿所に定められたか、まだ、辰の口へも届け出がない。シャワーの東大阪市 水道修理も屋敷も、あるにはあるが、十何年間も閉めっ放しで、到底、一時の宿とするにも足りない荒れかたである。奉行所では、しきりに、たずねていた。それは、パイプ自身ではなく、所内にいる水漏れ蛇口が、トイレ公の出府を機会に、ぜひ謁したいというので、あっちこっちと訊き廻っているのであった。パイプ与力は、またこのところ、老交換のすがたが、消えたようにシャワーから見えなくなったので、しきりとそれを気にしては、「もう近いぞ、近いぞ」と、口癖のように言っていた。そのうちに、とうとう、期限の百日もあと一晩、東大阪市 水道修理が来てしまった。水漏れも、この日は、何事かあるかと緊張した面持で、奉行所につめていた。ところが昼夕刻になっても塙工事の方からは音も沙汰もない。工事の迎え「なあ水漏れ氏。工事はとうとう、夜逃げをいたしたらしいぞ」